第26回 BMSコンファレンス

主催: 日本質量分析学会
共催: 日本化学会、日本薬学会、日本分析化学会、日本農芸化学会、
日本薬物動態学会、日本生化学会、クロマトグラフィー科学会、日本蛋白工学会
日時: 平成11年7月4日(日)−7月7日(水)
場所: アートランドホテル蓼科(蓼科高原)
391-0395 長野県茅野市蓼科高原4035
TEL: 0266-67-2626
FAX: 0266-67-2632
http://shinshu.online.co.jp/resort/tateshina/
テーマ: メインテーマは“プロテオーム”と“相互作用”
“GC/MS, LC/MS, CE/MS ” の最新技術情報


プログラム

7月4日(日)

14:00 受付開始
15:00 入門編
プロテオームと相互作用解析に適したイオン化法: 高山光男(東邦大薬)
生命科学領域で用いられる質量分離装置の概説: 笠間健嗣(東京医科歯科大)
18:00 基調講演
プロテオームおよび相互作用をMSで解析する: 平山和雄(味の素)
プロテオーム序論: 平野 久(横浜市立大)
ゲノム解析からプロテオーム解析へ: 小笠原直毅(奈良先端大)

7月5日(月)

8:30 プロテオームセッション
プロテオーム解析のための二次元電気泳動(1): 戸田年総(老人研)
プロテオーム解析のための二次元電気泳動(2)実験植物アラビドプシスのプロテオーム解析 -二次元電気泳動の原理と実際-: 川上隆雄(日本グラクソ)
MSによるアミノ酸配列解析最前線(1)微量化と自動化: 山田尚之(味の素)
MSによるアミノ酸配列解析最前線(2)修飾タンパク質解析: 谷口寿章(藤田保健衛生大)
ペプチドマスマッピングの新手法 -特異的化学分解-: 加茂政晴(理科大・生命研)
タンパク質データーベースとMS: 中村健道(三共)
企業におけるプロテオーム解析とその取り組み方: 岩松明彦(キリン)
Bio−Informatics(1)Genome informatics: 高木利久(東大・医科研)
Bio−Informatics(2)Proteome informatics: 藤 博幸(BERI)
19:00 特別講演
特別講演(1); 上野民夫(京大・農学部)
特別講演(2);医薬品開発研究における薬物相互作用研究の現状: 堀江 透(エーザイ)

7月6日(火)

8:30 相互作用セッション
イミダゾール環を持つ薬物の血管壁蓄積機構: 太田 勝次(大正製薬)
制癌剤により形成されるDNA付加体の構造: 梅本 淳(徳島大学・医)
蛋白質との非共有結合および共有結合複合体のESI/MSでの研究: 戸塚善三郎(藤沢薬工)
Studying Noncovalent Protein-Ligand Interactions Using ESI Mass Spectrometry: Joseph A. Loo(Parke-Davis Pharm. Res.)
ESI-イオントラップによるDNAとドラッグの相互作用解析: 渋江俊道(早稲田大)
ミセルをESI―MSで解析できるか?: 野原大輔(名古屋市立大)
午後: 自由討論
夜: 懇親会

7月7日(水)

8:30 プロテオーム、GC/MS, LC/MS, CE/MSに関するメーカー講演セッション
<プロテオーム>
ProteinLynxTM蛋白質の迅速分析:鍵 紀子(ジャスコインタナショナル)
Esquire-LC(LC/Iontrap-MS) in Protiomics:Steven Fannin(日本ブルカー・ダルトニクス)
プロテオーム解析におけるFTMSの位置づけ:中川秀樹(ニューリー・インスツルメンツ)(株)
プロテオーム解析の最前線:福田正史(PE バイオシステムズ ジャパン)
<GC/MS, LC/MS そして CE/MS>
イオントラップ型質量分析計による蛋白質とペプチドの分析:徐 紅(サーモクエスト)
LCMSにおける分取に関する研究 ―その効果と応用―:○八巻聡、村田英明(島津製作所)
パーキンエルマーサイエックス質量分析装置・最新技術の紹介:川瀬靖聡(宝酒造)
分子量をトリガーとした LC/MS 自動分取・精製システムの紹介:○磯辺 法廣、一木 満貴子、金井みち子(日本ウォーターズ)(株)
Nano-ESI の応用:高橋 豊(日本電子)
LC/MSのデータ検索を用いた農薬分析とその応用:富岡 勝(日立製作所)
LC/MSによる環境ホルモンの分析:○滝埜 昌彦、京野 完、清水 尚登、代島 茂樹(横河アナリティカルシステムズ)(株)
昼食後解散

参加費(登録料、食費、懇親会費、講演要旨集代を含む):
日本質量分析学会会員 45,000 円、非会員 55,000 円、学生 30,000 円
定員: 250名(先着順)
申込方法: 参加費を下記の口座までお振り込みの上、
お名前、所属、連絡先(郵便番号、 住所、電話、FAX, E-mail)、性別、喫煙の有無、日本質量分析学会会員の方は会員番号を明記し、振込領収書のコピーを添えて5月28日(金)(消印有効)までに下記宛 てお申し込み下さい。また、入門編参加希望者は“入門編参加希望”と書き添えて下さい。
振込先口座: 00120-6-93659(郵便振り替え)[終了しました]
第26回BMSコンファレンス 代表者 高山光男
申込・連絡先: 113-8510 東京都文京区湯島1-5-45
東京医科歯科大学 機器分析センター 笠間健嗣
TEL: 03-5803-5794
FAX: 03-5803-023