第27回 BMSコンファレンス

(The 27th Biological Mass Spectrometry Conference)

27th BMS テーマ "BMSの新展開 ― Present & Future ―"

 MS の装置、イオン化法の驚異的な発展とともに、MS 法によるバイオロジカル領域の研究が、超スピードで展開されております。今回は、ハードからソフトまで時代に即応した最新の方法論と技術を討論し、更なる 研究の発展を目指した内容を企画しました。開会に先立ち初心者のための入門解説講座も開設致しました。

主催

日本質量分析学会(http://www.mssj.jp/)

共催

日本薬学会、日本薬物動態学会、日本化学会、日本分析化学会、日本農芸化学会

日時

2000年7月9日(日)〜12日(水)

場所

神戸市立フルーツ・フラワーパーク(神戸市北区大沢町上大沢 2150)

http://www.exd.city.kobe.jp/fruitpark/

プログラム

7月 9日(日) 【第1日目】

14:00 受付(参加登録)開始
入門解説講座
15:00 [イオン化とMS/MS]     山岡寛史(大阪女子大学・理)     (座長 石原盛男)
16:00 [質量分析装置]         石原盛男(大阪大学・理)        (座長 山岡寛史)
17:00 夕食
BMSコンファレンス開会
18:30 [BMSコンファレンス開会]   第27回 BMSコンファレンス実行委員会委員長 橋本圭二
基調講演
18:40 [質量分析装置の展望]    松田 久(大阪大学名誉教授)      (座長 交久瀬五雄)
19:40 [次世紀が迎える医療と MS] 和田芳直 (大阪府立母子保健総合医療センター)  (座長 上野民夫)
20:40 [ポスト石油時代の新しいライフスタイルをめざして―生物生産を基盤とする持続・循環型産業社会の構築]
                  上野民夫(京都大学・農)        (座長 山岡亮平)
自由討論

7月10日(月) 【第2日目】

7:00 朝食
応用講座 I
8:30 (座長 山岡亮平)
8:30 [新規酸化ストレスバイオマーカーの開発とLC/MS] 大沢俊彦(名古屋大学・農)
9:20 [質量分析法によるタンパク質とリガンドとの総合作用の解析] 益田勝吉(サントリー・生有研)
10:00 休憩
10:10 (座長 五十嵐一雄)
10:10 [質量分析法による臨床診断学への応用] 中西豊文(大阪医科大学)
10:50 [High throughput LC/MS] 市川宣孝(日本グラクソ)
11:20 [Applications of High Performance Fourier Transform Mass Spectrometry in the Drug Discovery Arena: From Macromolecular Sequencing to High Throughput Screening.]
  S.A. Hofstadler (Isis Pharmaceuticals)
12:10 昼食
特別講演
13:10 [同位体比でさぐる太陽系形成の歴史]       植田千秋(大阪大学・理)      (座長 澤田正実)
14:00 [日蘭交流400年に寄せて北摂の蘭学を想う]   芝 哲夫(大阪大学・名誉教授)   (座長 山岡寛史)
15:00 休憩
応用講座 II [MS分析法の品質保証]    (コーディネーター  戸塚善三郎)
15:10 [MS分析法の品質保証] 戸塚善三郎(藤沢薬工)
15:15 [ICHの基準] 堀本真吾(田辺製薬)
15:40 [TKの基準] 近藤孝浩(武田薬工)
16:05 [ECの基準] 市川宜孝(日本グラクソ)
16:30 [FDAおよび日本の基準] 戸塚善三郎(藤沢薬工)
16:55 総合討論
17:30 夕食
特別講演
19:30 [計測技術は産業のめし―戦略的な開発を―]   窪寺俊也(島津製作所)     (座長 橋本圭二)
進歩講座 [MSの最先端] [メーカー最新技術紹介]       (座長 荒川隆一,竹内孝江)
20:10 (各メ−カ− 5分間スピ−チ)
[島津/Kratosの新しいLC/MS, MALDI-TOFの紹介]
  島津製作所(株) ○飯田順子、 川畑慎一
[Q-TOFを用いた代赭分析について]
  ジャスコインタナショナル(株) 鍵 紀子
[PE-SCIEX社LC/MS/MS装置および各種ソフトウエアの紹介]
  宝酒造(株) ○川瀬靖聡、小暮佳史、渡辺 淳
[探索代謝研究のためのハイスループットLC/MSシステムの紹介]
  日本ウオ一タ一ズ(株)○鈴木悦子、一木満貴子、佐々木秀樹、金井みち子
[Multi-Sprayer Nano-ESIを用いたNano-LCオンライン精密質量測定]
  日本電子(株) ○高橋豊、森田徹一郎、小林達二、樋口哲夫
[最新イオントラップ型LC/MSn システム"esquire 3000の紹介"]
  日本ブルカー・ダルトニクス(株)○福原一浩、韮沢 崇
[Recent Developments of IonSpec FTMS]
  ニユーリー・インスツルメンツ(株) 中川秀樹
[プロテオミクスにおけるMSの新技術]
  PEバイオシステムズジヤパン(株) 古石和親
[Agilent 1100シリーズ LC/MSD,SL,VL,Trap の紹介とその応用]
  横河アナリティカルシステムズ(株)○大河原正光、野坂明日香、松永茂、
  Agilent Technologies Linda Lopez
[日立M-9000形GC/3DQMSによる環境ホルモン類の高感度測定]
  日立サイエンスシステムズ・日製製作所計測器グループ(株)河原井雅子、横倉武文、谷川健一
[High Sample Throughput LC/MS MS/MSシステムとソフトウェア−パッケージの紹介]
  サーモクエスト(株)生澤英典、清波麗子、窪田雅之
21:10 ポスターセッション (ポスター展示会場)
自由討論

7月11日(火) 【第3日目】

7:00 朝食
特別講演 [構造と機能とMS]
8:40 (座長 和田芳直)
8:40 [細胞の構造と機能]                松原謙一(奈良先端大学・大阪大学名誉教授)
9:25 [遺伝子・蛋白質の構造と機能]          土井健史(大阪大学・薬)
10:10 休憩
10:20 (座長 直木秀夫)
10:20 [天然物の構造と機能]               楠本正一(大阪大学・理)
11:05 [有機化合物の構造と機能]            坂田祥光(大阪大学産研所長)
11:50 昼食
13:00 自由討論
19:00 懇親会 (バーベキュー)

7月12日(水) 【第4日目】

7:00 朝食
進歩講座
8:30 BMS(ASMS)トピックス ASMS参加者講演
[若手研究者の研究紹介]
9:15 (座長 五十嵐一雄)
9:15 [酸化ストレスマーカーイソプロスタンの分析]        大橋徳子(田辺製薬)
9:40 [反応性チオール基定量の意義]               金子理奈(大阪大学・院・医学系研究科)
10:05 [薬物乱用と質量分析]                    鎌田 徹(大阪府警・科学捜査研究所)
10:30 休憩
10:40 (座長 堀山志朱代)
10:40 [環境汚染物質の生体への影響をLC/MSで計れないか?] 森脇 洋(大阪市立環境科学研究所)
11:05 [抱合反応機構解析と構造決定]               糟谷史代(神戸学院大学)
11:30 [ネフィラセタムのヒト血中代謝物のLC/MS/MSによる定量法]    市川理恵(第一製薬)
12:00 昼食後解散

参加費(宿泊費、登録料、食費、懇親会費、講演要旨集代を含む)

日本質量分析学会個人会員 45,000円、非会員 55,000円、学生 30,000円

定員

250名(先着順)

申込方法

(申込締め切りました)
 参加費を下記の口座までお振り込みの上、お名前、所属、連絡先(郵便番号、住所、電話、FAX、E-mail)、性別、喫煙の有無、日本質量分析学会会 員の方は会員番号を明記し、振込領収書のコピーを添えて6月22日までに下記宛てお申し込み下さい。
 なお、連絡先は所属等詳しくお知らせ下さい。
 また、入門編参加希望者は "入門編参加希望" と書き添えて下さい。

郵便振替口座の場合

(申込締め切りました)
口座番号 00930-4-155999
第27回BMSコンファレンス 代表 橋本圭二

銀行口座の場合

(申込締め切りました)
京都銀行 山科支店 店番号 182
普通口座番号 3734571
第27回BMSコンファレンス 代表 橋本圭二

申込・連絡先

〒607-8414 京都市山科区御陵中内町 5
京都薬科大学 構造有機化学 橋本圭二
TEL: 075-595-4637 FAX: 075-595-4766