第127回質量分析関西談話会

日 時 2010年11月20日(土)13時30分〜16時30分(受付開始13時00分)
会 場 島津製作所関西支社マルチホール(会場定員60名)
大阪市北区芝田1-1-4
大阪梅田 阪急ターミナルビル14階
(JR大阪駅ホーム北側に隣接するビルです。阪急17番街のエレベータで14階までお越しください。)
交通アクセス:http://www.shimadzu.co.jp/aboutus/company/access/kansai.html
主 旨 医療においてMSは今 −新生児マススクリーニングと疾患メタボロミクスの考え方に実用とは何かを学ぶ
   医学においてもMSへの期待は大きく、研究利用は盛んであるが、医療のための日常的検査に使われている例はほとんど皆無である。しかし、MS特有の機能を活かした大胆な方法で多検体・多項目のハイスループット測定を実現して新生児マススクリーニング検査30年の歴史に革命を起こしつつあるいわゆる「タンデムマス」はこのような状況を変える先鞭になると思われる。その背景と詳細、実施状況、問題点などについて、わが国の先駆者・リーダーと検査現場担当者が解説する。
 後半は、全国で初めて臨床応用に特化して設立された「質量分析総合センター(神戸大学医学研究科)」から講師を迎え、疾患メタボロームの考え方とその実用化について話題を提供して頂く。
 きれいごとではない現場に切り込むMSのあるべき姿について考える機会となることを期待しています。
講 演
1)13:30〜14:30  福井大学医学部看護科  重松 陽介
「タンデムマススクリーニング実施の背景と社会的意義」
2)14:30〜15:00 大阪府立母子保健総合医療センター検査科  稲岡 一考
「マススクリーニングの検査現場では」
  休 憩
3)15:10〜16:00 神戸大学大学院医学研究科 質量分析総合センター  篠原 正和
「臨床メタボロミクスによる疾患診断システムの研究開発」
4)16:00−16:30  自由討論
参加費 無 料
参加申込み 参加希望の方は、 (1)氏名、(2)所属、(3)メールアドレス、(4)会員/非会員の別を添えて、下記メールアドレスにお申し込みください。なお、会場定員になり次第締め切らせていただきますので、予めご了承ください。
メールアドレス:
関西談話会世話人代表 片木 宗弘(大阪府警科学捜査研究所)
世話人 和田芳直(大阪府立母子センター)、片木 宗弘(世話人代表、大阪府警)