第132回質量分析関西談話会

 

日 時 2011年11月12日(土) 13時30分〜16時50分(受付開始13時)
会 場 関西大学 第4学舎3号館(理工系学部)4階3401会議室
(〒564-8680 大阪府吹田市山手町3丁目3番35号)
アクセスとキャンパスマップ:
阪急千里山線関大前駅下車
(北千里側の北改札口を出て右側の出口より正門へ)
交通アクセス:http://www.kansai-u.ac.jp/ordist/sinkokai/file/3403kyoushitsu.pdf
主 旨 オミクスによるバイオマーカー研究の最新動向

 2000年代初頭のヒトゲノムプロジェクト完了以来、ポストゲノムプロジェクトとしてゲノミクス、 トランスクリプトミクス、プロテオミクス、メタボロミクス、といった様々なオミクス研究が盛んに行われています。これらの研究は、疾患要因の探究や疾患診断法の開発研究、創薬、薬物動態、薬物応答性研究など多岐にわたって応用され数々の研究成果が報告されています。今回、第一線で研究されていらっしゃいます四人の先生方に、プロテオミクス及びメタボロミクスにおける最新のバイオマーカー研究成果についてお話いただきます。皆様のご参加をお待ちしております。
講 演
1) 13:35〜14:20 高尾 敏文(大阪大学 蛋白質研究所)
「質量分析によるペプチドバイオマーカー探索」
2) 14:20〜15:05 朝長 毅((独)医薬基盤研究所 プロテオームリサーチプロジェクト)
「大規模定量プロテオミクスによる疾患バイオマーカー探索」
休 憩  
3) 15:20〜16:05 里見 佳典(武田薬品工業(株))
「創薬バイオマーカー研究におけるメタボロミクス」
4) 16:05〜16:50 吉田 優(神戸大学)
「GC-MSメタボロミクスによる疾患バイオマーカー探索」
参加費 無 料
講演会終了後、簡単な懇親会を予定しております。懇親会に参加される方は当日会場にて お志を集めさせていただきます。
参加登録 会場準備の関係上、早めの参加登録をお願いいたします。
参加希望の方は、 (1)氏名、(2)所属、(3)メールアドレス、(4)会員/非会員の別を添えて、
下記の世話人までメールにてお申し込みください。
申し込み・問い合わせ先 片木 宗弘(関西談話会世話人代表)
e-mail:kansai11_%_mssj.jp(送信の際は、_%_を@に変えてください)
世話人 黒野 定(大阪大・和光純薬工業)、楠本雅典(大日本住友製薬)、荒川 隆一(関西大)、
片木 宗弘(世話人代表、大阪府警)