第135回質量分析関西談話会

 

日 時 2012年4月14日(土)13時30分〜17時(受付開始13時)
会 場 島津製作所関西支社マルチホール(会場定員60名)
大阪市北区芝田1-1-4
大阪梅田 阪急ターミナルビル14階
(JR大阪駅ホーム北側に隣接するビルです。阪急17番街のエレベータで14階までお越しください。)
交通アクセス:http://www.shimadzu.co.jp/aboutus/company/access/kansai.html
主 旨 フラグメンテーションを読み解くII - 偶数電子イオンを中心として -

 一昨年の第124回質量分析関西談話会にて愛知教育大学名誉教授中田尚男先生による「フラグメンテーションを読み解く」という主旨の御講演を頂きました。大変多くの方にお集まり頂き活発な議論がなされましたので、今回、前回の続編として「フラグメンテーションを読み解く II - 偶数電子イオンを中心として -」をテーマとした講演会を企画しました。偶数電子イオンの構造と開裂の基本様式、偶数電子フラグメントイオンのm/zを理解する為に提唱された「マスシフト則」をはじめ、チャージリモートフラグメンテーション、イオンニュートラルコンプレックス、モバイルプロトンモデルなど、フラグメンテーションに関わる豊富な話題をお話し頂く予定です。皆様のご参加をお待ちしております。
講 演 中田 尚男 (愛知教育大学名誉教授)
   「偶数電子イオンのフラグメンテーション」
13:35〜15:00 偶数電子イオンの構造、結合開裂の様式、マスシフト則など
15:00〜15:20    休 憩
15:20〜16:50 チャージリモートフラグメンテーション、イオン・ニュートラルコンプレック、
モバイルプロトンモデル、 などのトピックス
16:50〜 質疑応答
参加費 無 料
講演会終了後、簡単な懇親会を予定しております。懇親会に参加される方は当日会場にてお志を集めさせていただきます。
参加申込み 定員に達したため申し込みを締め切りました
世話人 黒野 定(大阪大・和光純薬工業)、堀山 志朱代(武庫川女子大)、片木 宗弘(世話人代表、大阪府警)