第116回質量分析関西談話会

日 時: 2009年2月7日(土)13:30 - 17:00
場 所: 京都年金基金センター らんざん
京都市右京区嵯峨天竜寺(嵐山渡月橋北岸を河に沿って上流(西)へ)
電話075-864-0088
http://www.kyoto-ranzan.jp/akusesu.html
タイトル: 質量分析法による可視化技術の進展
講 演:
13:30-14:15  公文代 康祐(大阪大学理学研究科)
「惑星探査用極微量質量分析システムの開発」
14:15-15:00  間 久直(大阪大学工学研究科)
「多重周回飛行時間型質量分析計を用いた投影型顕微イメージング質量分析装置の開発」
15:30-16:15  山本 和延(アプライドバイオシステムズジャパン)
「MALDI-Triplequadropole Mass Spectrometry
−MRMモードを使用したターゲット分析とImagingの可能性−」
16:15-17:00 原田 高宏(島津製作所)
「顕微質量分析装置の開発と生体分析応用」
参加費: 無料
(懇親会は設定しておりませんが、同会場にて17時半より関西質量分析関係者の集う「鮟鱇を食べる会(会費8,000円)」が開催されます。)
問い合わせ先:
 

荒川 隆一(関西談話会世話人)
〒564-8680 吹田市山手町3−3−35
関西大学 化学生命工学部 化学・物質工学科
電話:06-6368-0781  ファックス:06-6339-4026
e-mail: