質量分析アドバンストコース講習会

主催:日本質量分析学会
日時:平成13年11月7日(水)〜11月8日(木) ( 9:00〜17:00 )
場所:日本化学会・化学会館(東京都千代田区神田駿河台1−5)
    (JR「御茶ノ水」駅徒歩5分)


質量分析初級者講習会の日程・講師・内容:(最新情報は日本質量分析学会HP(http://wwwsoc.nii.ac.jp/mass/)を参照下さい)

1)コース1 MSによるプロテオーム研究立ち上げに何が必要か

 1日目 11月7日(水)

プロテオームスターターキット
   プロテオーム概論             平野 久(横浜市立大)
   2D−PAGE              戸田年総(都老人研)
   Focused proteomeのための分離方法     平野 久(横浜市立大)
   測定から同定まで             中西豊文(大阪医科大)

 2日目 11月8日(木)

新しいMSのパワーを知る
   CE−MSの概論             曽我朋義(慶応大先端生命研)
   CE−MSによる覚醒剤類の一斉分析    地中 啓(石川県警科学捜査研) 
   プロテオーム関連MS  
     MALDI−TOFMS            高山光男(横浜市立大)
     ION−TRAPMS             西村俊秀(グラクソスミスクライン)
     Q−TOFMS               吉野健一(神戸大バイオシグナル研)
     FTICR−MS               平山和雄(味の素)

2)コース2 MSによるハイスループット薬物動態研究
 1日目 11月7日(水)

「体内動態研究の新たな時代を切り拓くLC/MS」      三浦裕也(山之内製薬)
「探索薬物動態研究におけるLC/MS/MSの効率的活用」
     −動態研究HTS化への適応−
                                   大橋徳子(田辺製薬)
「生体試料中医薬品のLC/MS/MSによる測定」
     -イムノアフィニティーを利用した前処理を中心に-
                                   竹澤正明(東レリサーチセンター)

 2日目 11月8日(木)

新しいMSのパワーを知る
   CE−MSの概論                曽我朋義(慶応大先端生命研)
   CE−MSによる覚醒剤類の一斉分析    地中 啓(石川県警科学捜査研)
   ESI−TOF                 古後真紀子(日本化薬)
   FT−MS                   三宅幹夫(北陸先端大)
   加速器MS                   長塚伸一郎(第一化学)


受講料:

日本質量分析学会会員     30,000円
非会員            40,000円
学生             20,000円

定員:各コースとも50名


申し込み方法:講習会申込みサイト(http://www.tmd.ac.jp/cmn/bioa/MSSJ/regist.htm)で行っています。アクセス出来ない方は、下記の問い合わせ先にご連絡下さい。

問合せ先:日本質量分析学会・講習会企画委員長
        橋本 豊
     日本化薬(株)創薬本部