質量分析講習会

主 催 日本質量分析学会
 
開催日
基礎コース: 2008年11月27日(木)
専門コースA,B: 2008年11月28日(金)
 
場 所 千里ライフサイエンスセンター6階
北大阪急行電鉄(地下鉄御堂筋線直結)千里中央駅下車すぐ
 
対 象 質量分析法をこれから使い始めようとしている方、および質量分析法の基礎を整理したい方
 
講習内容および講師(予定)
基礎コース (11月27日)
9:30〜10:20 質量分析概論
 宮下正弘(京都大学)
10:30〜11:00 イオン化の解説1
 岩本賢一(大阪府立大学)
11:00〜11:30 イオン化の解説2
 川崎英也(関西大学)
11:40〜12:30 質量分析基礎用語
 吉野健一(神戸大学)
13:50〜14:40 質量分離装置の解説
 豊田岐聡(大阪大学)
14:50〜15:40 マススペクトルの読み方
 吉野健一(神戸大学)
15:50〜16:40 よくある問題点とその解決法
 瀧浪欣彦(塩野義製薬)
16:45〜17:15 質疑応答

専門コースA (11月28日)
薬物動態マススペクトロメトリー
9:30〜11:00 薬物動態に用いるMSの基礎
 溝奥康夫(住化分析センター)
11:15〜12:45 代謝物の構造解析
 野崎和吉(アステラス製薬)
14:00〜15:30 定量のための前処理とそのハイスループット化
 佐々木和彦(万有製薬)
15:45〜17:15 MSによる定量法とそのバリデーションデータ取得
 久世洋司(武田薬品工業)
専門コースB (11月28日)
農薬分析と質量分析法 〜食品・環境における農薬分析の基礎から応用〜
9:30〜10:50

ポジティブリストに対応するためのGC/MSによる農薬分析法
 酒井 洋(元新潟県保健環境科学研究所)

11:05〜12:25 農薬の環境分析と食品分析
 山口之彦(大阪市立環境科学研究所)
13:40〜15:00 LC/MSを用いた食品中の農薬・動物用医薬品の分析
 堀江正一(埼玉県衛生研究所)
15:15〜16:35 食品分析の現場とポジティブリスト制度
 北川幹也(大阪府公衆衛生研究所)
16:45〜17:15 質疑応答
 
定 員
基礎コースおよび専門コースA: 66名
専門コースB 48名  
 
受講料
(テキスト
代金を含む)
基礎コース・専門コースを連続して受講する場合(2日分)
質量分析学会正会員 30,000円
質量分析学会学生会員 3,000円
非会員(一般) 40,000円
非会員(学生) 20,000円

基礎コース、専門コースのいずれかに参加の場合(1日分)
質量分析学会正会員 15,000円
質量分析学会学生会員 1,500円
非会員(一般) 25,000円
非会員(学生) 10,000円

専門コースAとBの同時受講はできません。またテキストだけの販売も行っておりません。
 
申込方法     参加申込みはこちらから
 
問い合わせ・
連絡先
宮下正弘(講習会企画委員長)
京都大学大学院農学研究科
Tel:075-753-6116 Fax:075-753-6123
E-mail: