第30回質量分析講習会

主 催 日本質量分析学会
 
開催日 2011年12月5日(月)基礎コース
2011年12月6日(火)専門コース(薬物動態質量分析コース)
 
会 場 千里ライフサイエンスセンター5階
住所:大阪府豊中市新千里東町1丁目4番2号
最寄り駅:北大阪急行電鉄(大阪市営地下鉄御堂筋線直結)および大阪モノレール「千里中央駅」下車すぐ
 
対象 1)質量分析をこれから使い始めようとしているかた,または始めて間もないかた
2)質量分析法の基礎を整理したいかた
 
講習内容
および講師
(予定)
《12月5日 基礎コース》
9:30-10:00 「質量分析概論」 宮下正弘(京都大学)
10:00-10:30 「基礎用語」 吉野健一(神戸大学)
10:40-11:10 「イオン化の解説1」 黒野 定(大阪大学・和光純薬工業)
11:10-11:40 「イオン化の解説2」 川崎英也(関西大学)
13:00-14:00 「質量分析装置の解説」 田村 淳(日本電子)
14:10-14:40 「スペクトルの読み方1」 竹内敦子(神戸薬科大学)
14:40-15:10 「スペクトルの読み方2」 吉野健一(神戸大学)
15:20-15:50 「LC/MSの基礎」 溝奥康夫(住化分析センター)
15:50-16:20 「GC/MSの基礎」 樋口哲夫(日本電子)
16:20-18:00 自由討論・個別質疑応答

《12月6日 専門コース(薬物動態マススペクトロメトリーコース)》
9:30-10:50  「創薬過程におけるMSの利用法」 大川友之(塩野義製薬 創薬・開発研究所)
11:00-12:20  「代謝物構造解析におけるMSの利用法」 戸田洋志(大日本住友製薬 薬物動態研究所)
13:30-14:50  「探索段階におけるMSの利用法」 山田泰弘(田辺三菱製薬 研究本部薬物動態研究所)
15:00-16:20  「開発段階におけるMSの利用法」 加藤弘太(アステラス製薬 研究本部代謝研究所)
16:20-18:00  自由討論・個別質疑応答
 
参加申込 受付を終了いたしました。キャンセル待ち希望の方は担当者にご連絡下さい。
 
定員 各コース66名(定員に達し次第,受付を終了します)
 
受講料
(テキスト代金および
消費税を含む)
基礎コース・専門コースを連続して受講する場合(2日分)
日本質量分析学会正会員 30,000円
日本質量分析学会学生会員 3,000円
非会員(一般) 40,000円
非会員(学生) 20,000円
基礎コース,専門コースのいずれかを受講する場合(1日分)
日本質量分析学会正会員 15,000円
日本質量分析学会学生会員 1,500円
非会員(一般) * 25,000円
非会員(学生) 10,000円
会員資格での申し込みは,平成23年度までの日本質量分析学会年会費を納入済みのかたを対象とします.入会手続き中の場合は予め下記の問い合わせ先に連絡願います.
賛助会員に対する特典はありません.個人の正会員,学生会員以外は非会員区分となります.
テキストの販売は行っておりません.
*受講料の表記に誤りがありました。
正しくは25,000円です。ご参加をご希望の方々にはご迷惑をおかけ致しました。謹んで、お詫び申し上げます。
 
その他 受講者には,講習会のテキストに加え,日本質量分析学会発行『マススペクトロメトリー関係用語集第3版』を配布いたします.
講義終了後,同じ会場で,自由討論・個別質疑応答時間を設けます.講師との,あるいは参加者相互の情報交換の場としてお役立てください.
 
領収書 日本質量分析学会発行の受講費の領収書は,当日受付にてお渡しいたします.参加登録の際,『領収証の宛名』欄には,領収証への記載を希望される宛名をご入力ください.
キャンセルポリシー 受講料入金後のキャンセルに関しましては,受講料を返却できないことがあります.受講料を返却できない場合は講習会のテキストをお送りいたします.返却可能な場合は,振り込み手数料を含む事務手数料として1,000円(税込み)を差し引いた金額を返金いたします.
受講申し込み者がご都合により受講できなくなった場合は,代理のかたの受講を認めます.その場合は,事前に代理受講者の氏名とご所属をE-mail:までご連絡ください.ただし会員資格で受講申し込みをされた場合,代理のかたにも会員資格が必要です.代理参加者が非会員の場合は受講料の差額をお支払いいただきます.
 
問い合わせ 吉野健一(日本質量分析学会講習会企画委員長)
神戸大学自然科学系先端融合研究環バイオシグナル研究センター
Tel:078-803-5974,または078-803-5963
Fax:078-803-5970
E-mail:
 
質量分析講習会に
ついて
質量分析講習会は質量分析技術の普及と発展に資することを目的とし,日本質量分析学会講習会企画委員会のボランティア活動により企画・運営されております.
 
2011〜2012年度
日本質量分析学会
講習会企画委員
井上則子(JCLバイオアッセイ)
川崎英也(関西大学)
黒野 定(大阪大学・和光純薬工業)
竹内敦子(神戸薬科大学)
溝奥康夫(住化分析センター)
宮下正弘(京都大学)
吉野健一(神戸大学)委員長