質量分析講習会

主 催 日本質量分析学会
 
開催日
基礎コース: 平成16年 6月23日(水) 9:30〜17:45
応用コース: 平成16年 6月24日(木) 9:30〜17:15
 
場 所 千里ライフサイエンスセンター6階
北大阪急行電鉄(地下鉄御堂筋線)千里中央駅下車すぐ
(大阪府豊中市新千里東町1-4-2)
 
対 象 質量分析法をこれから使い始めようとしている方、および質量分析法の基礎を整理したい方
 
講習内容および講師
 
基礎コース
  • 各種イオン化法の解説
        (益田勝吉、(財)サントリー生物有機科学研究所)
  • 各種質量分析装置の解説
        (石原盛男、大阪大学)
  • MALDI-TOFMS の原理と装置開発の基礎
        (田中耕一、株式会社 島津製作所)
  • マススペクトルの読み方
        (堀山志朱代、武庫川女子大学)
  • フラグメンテーションの基礎
        (竹内孝江、奈良女子大学)

応用コース1 (プロテインマススペクトロメトリー)
  • 配列データベース検索による蛋白質の同定
        (吉野健一、神戸大学)
  • 蛋白質翻訳後修飾基の解析
        (高尾敏文、大阪大学)
  • 臨床プロテオミクス
        (中西豊文、大阪医科大学)
  • FT-ICR MSの基礎とトップダウンプロテオミクス
        (内藤康秀、大阪大学)
応用コース2 (薬物動態マススペクトロメトリー)
  • LC-MS法の基礎
        (溝奥康夫、(株)住化分析センター)
  • MSによる構造解析
        (戸塚善三郎、(株)日本医学臨床検査研究所)
  • MSによる定量解析
        (井上則子、(株)日本医学臨床検査研究所)
  • データ取得の基礎とそのバリデーション
        (手島浩一郎、武田薬品工業(株))

各プログラムの内容につきましてはプログラム概要のページをご覧ください。
 
定員
基礎コース  100名
応用コース  各コース50名
 
受講料
  • 基礎コース・応用コースを連続して受講する場合(2日分)

    質量分析学会正会員 30,000 円
    質量分析学会学生会員 3,000 円
    非会員(一般) 40,000 円
    非会員(学生) 20,000 円

  • 基礎コース、応用コースのいずれかに参加の場合(1日分)

    質量分析学会正会員 15,000 円
    質量分析学会学生会員 1,500 円
    非会員(一般) 25,000 円
    非会員(学生) 10,000 円

  • 賛助会員(法人)に所属する方は、賛助会員参加口数と同数の人数まで正会員と同額の受講費で参加することが可能です。
  • 日本質量分析学会の年会費は正会員8,500円、学生会員4,000円です。
  • 受講者には講習会のテキストに加え、日本質量分析学会発行の書籍「マススペクトロメトリーってなあに」(定価1000円)を基礎コースの受講者に、「マススペクトロメトリー関連用語集」(定価1000円)を応用コースの受講者に配布致します。
  • 講習会テキストは非売品です。受講者のみに配布されるものです。
申込方法     申込方法の詳細および参加申込は「参加申込み」のページをご覧ください。

申込受付は4月1日(水)より質量分析学会会員先行受付、4月15日(木)より一般受付を開始致します。締切りは6月15日(火)、ただし定員になり次第終了いたします。

会員資格での受付には会員番号が必要になります。
賛助会員の申込方法は、個人会員とは異なりますので、詳細につきましては、講習会広報担当 まで お問い合わせください。賛助会員も先行受付は可能です。

 
連絡先 高尾敏文(質量分析講習会企画委員長)
大阪大学蛋白質研究所プロテオミクス総合研究センター