| このサイトについて | お問合せ | サイトマップ | English |

Home

 

第46回BMSコンファレンス(BMS2019)
[The 46th Biological Mass Spectrometry Conference (BMS2019)]

<当ページにて最新情報を順次公開してまいります>

2018/11/14
46th BMS Web ページ開設
主催:
(一社)日本質量分析学会 BMS研究会
会期:
2019年7月8日(月)~10日(水)(二泊三日の合宿形式)
会場:
札幌北広島クラッセホテル
http://kitahiroshima.classe-hotel.com
〒061-1101 北海道北広島市中の沢316-1
TEL:011-373-3800
JR千歳線北広島駅よりシャトルバスで10分、
新千歳空港駅から北広島駅までは快速エアポートで20分
メインテーマ:
Mass spectrometrists, be ambitious ~MSに願いを~
開催主旨:
 2019年7月8日(月)~10日(水)の2泊3日の日程で、北海道北広島市において第46回BMSコンファレンス(BMS2019)を開催します。BMSコンファレンスは、日本質量分析学会の部会であるBMS(Biological Mass Spectrometry)研究会の主たる活動であり、「質量分析によるライフサイエンス研究の発展を推進するとともに、人材の育成を通して、人、社会、ひいては地球の未来に貢献する」を活動理念として、毎年日本各地で開催しています。

 第46回となる今回はメインテーマを「Mass spectrometrists, be ambitious ~MSに願いを~」と題し、札幌農学校教頭W.S.クラーク博士が明治10年4月、帰国際に「Boys be ambitious」の名言を学生たちに残した北広島にて、医療、製薬、バイオロジー分野における質量分析およびハイフネーテッド技術の最新情報をお伝えすると共に、参加者が発言し、参加者の疑問に答え、問題点を徹底的に議論する「参加者による、参加者のためのBMSコンファレンス」を目指します。

 当コンファレンス発足時からの理念である「浴衣がけで語ろう」「参加者全員が平等の立場:大先生はいない!」の精神のもと、会期を通して参加者同士の交流や情報交換、そして、絆を深める機会としていただけたらと思います。皆様のご参加を実行委員一同心よりお待ちいたしております。
プログラム:
詳細が決まり次第本サイトで公表します
【基調講演】
旭山動物園・園長 坂東 元 氏

【発展講座】
創薬イノベーションでの質量分析の活用 ~オミクス・イメージングを中心に~
代謝物ビッグデータを取得する方法とバイオマーカー探索への効果的な使い方

【基盤講座】
フラグメンテーションを理解するための知識
質量分析の現場のノウハウを議論する「やさしい質量分析」

協賛企業各社による「新技術発表」、「ナイトセッション」、「企業展示」
公募ポスター発表
参加費(宿泊費別):
正会員:
12,000円(不課税)
学生会員:
4,500円(不課税)
非会員:
23,760円(税抜価格22,000円,消費税額1,760円)
学生非会員:
10,260円(税抜価格9,500円,消費税額760円)
※「賛助会員」は非会員扱いとなります。
参加登録は事前申込みのみです。登録後郵便振替もしくは銀行振込で参加費をお支払いください。現金およびクレジットカードでのお支払いはできません。
宿泊費:
25,920円(税抜価格24,000円,消費税額1,920円)(食事代含む二人部屋の場合)
・内訳:2泊分の宿泊代、初日夕食から3日目朝食までの食事代
・個室を希望される場合の宿泊費は別途設定いたします。
・会期時点での税率の適用となります。
ベビーシッター:
幼児同伴の参加者のためのベビーシッターサービスを提供する予定です(要予約・自己負担金あり)。
第46回BMSコンファレンス 実行委員
阿久津 弘明(旭川医科大学)実行委員長
井上 則子(東和薬品) 発展講座担当
岡 征子(北海道大学) 企業担当
楠本 雅典(住友化学) 発展講座・会場担当
黒野 定(富士フイルム和光純薬)基盤講座担当
神 繁樹(北海道大学) 会場担当
高田 祐輔(北海道大学) ナイトセッション担当
田中 由香里 (塩野義製薬) 発展講座担当
馬上 謙一(北海道大学) 広報担当
平林 由紀子(日立製作所) 会計担当
広瀬 知弘(北海道大学) 基盤講座・ナイトセッション担当
松田 史生(大阪大学) 発展講座担当
吉野 健一(神戸大学) 事務局
お問合せ先:
BMS2019実行委員会
E-mail: bms2019@mssj.jp