| このサイトについて | お問合せ | サイトマップ | English |

Home

「イオン反応研究部会」が現在に至るまで

「イオン反応研究部会」は,1977年に気相イオン反応研究会として,質量分析学会とは独立に発足し,1980年に日本質量分析学会の正式部会になるとき,「イオン反応研究部会」に改名されました。亡くなられた杉浦俊男先生や 日本質量分析学会の14代会長で、現会長(17代)でもある平岡賢三先生,元会長の土屋正彦先生,そのほか藤井敏博先生,松岡伸吾先生が,その時,幹事をされています。 1983年には,科学研究費の「総合研究B」を立ち上げています。 その後,途中,会が開かれない年もありましたが,第15回からは,だいたい年1回から数回のペースで,研究会を開いています。

1977年 東大工学部付属原子力工学研究施設高速中性子源炉 (昭和52年) 共同利用の1テーマとして、
気相イオン反応研究会を発足。(日本質量分析学会とは別に独立に始められた研究会)
第1回 気相イオン反応研究会
1978-1980年2月 第2~8回 気相イオン反応研究会
1980年5月17日 日本質量分析学会の正式部会として,イオン反応研究部会を設置。
部会幹事: 杉浦俊男,土屋正彦,平岡賢三,藤井敏博,松岡伸吾
第9回 イオン反応研究会
1980年7月-1982年 第10~15回 イオン反応研究会
1983年 第16,17,18回。 科学研究費 総合研究B
1984-1987年10月 第19~22回 イオン反応研究会
1993年 第23回 イオン反応研究会 (東京)
部会幹事:
高山 光男(部会長)
鴫原 淳
1994年 第24回 イオン反応研究会 (東京)
1995年 第25,26回 イオン反応研究会 (東京)
1996年 第27回 イオン反応研究会 (東京)
1997年 第28回 イオン反応研究会 (東京)
1998年 第29回 イオン反応研究会 (東京)
1999年9月4日 第30回 イオン反応研究会 (東京 日本化学会会館)
部会幹事:
竹内 孝江(部会長)
荒川 隆一
小西 英之
能美 隆
早川 滋雄
山岡 寛史
1999年12月1日 第31回 イオン反応研究会(大阪大学(豊中))
2000年9月14日 第32回 イオン反応研究会(大阪大学(吹田))
2000年9月30日 第33回 イオン反応研究会 (東京 日本化学会会館)
2000年11月8日 第34回 イオン反応研究会 (大阪 島津マルチホール)
2001年1月31日 第35回 イオン反応研究会 (大阪大学(豊中))
2001年11月2日 第36回 イオン反応研究会(東京 日本化学会会館)
部会幹事:
竹内 孝江(部会長)
荒川 隆一
岩本 賢一
小西 英之
能美 隆
早川 滋雄
山岡 寛史
2001年11月9日 第37回 イオン反応研究会(大阪大学(豊中))
2001年11月14日 第38回 イオン反応研究会 (大阪 島津マルチホール)
2002年10月16日 第39回 イオン反応研究会(奈良女子大学)
2002年11月19日 第40回 イオン反応研究会 (東京)
2003年5月12日 第41回 イオン反応研究会(東京 成蹊大学)
部会幹事:
笠間 健嗣(部会長)
佐藤 浩昭
高橋 利枝
竹内 孝江
中西 豊文
山垣 亮
2003年10月24日 第42回 イオン反応研究会(大阪 インテックス大阪)
2004年1月23日 第43回 イオン反応研究会(筑波 産業技術総合研究所)
2004年4月24日 第44回 イオン反応研究会(大阪府立大学)
2004年7月8日 第45回 イオン反応研究会(東京大学)
2004年9月1日 第46回 イオン反応研究会(千葉 幕張メッセ 国際会議場)
2004年12月4日 第47回 イオン反応研究会(東京大学)
2005年5月26日 第53回質量分析総合討論会シンポジウム
『分子を切る新しいはさみ:電子移動解離(ETD)』(さいたま 大宮ソニックシティー)

部会幹事:
竹内 孝江(部会長)
笠間健嗣
菅井俊樹
中村健道
早川滋雄
2005年11月10日 第48回 イオン反応研究会 (大阪 島津マルチホール)
2005年12月5日 第49回 イオン反応研究会 (名古屋大学)
2006年5月18日 第54回質量分析総合討論会ワークショップ
『電子捕獲解離(ECD)の現状と将来の展望:実験と理論的アプローチ』
(大阪 千里ライフサイエンスセンター)
2006年8月12日 第50回 イオン反応研究会 (大阪府立大学)
2006年9月19日 第51回 イオン反応研究会 (大阪 島津マルチホール)
2007年8月4日   第52回イオン反応研究会(大阪府立大学)  「次世代の質量分析を考える」
部会幹事:
  早川滋雄(部会長)
  菅井俊樹
  竹内孝江
  中村健道
  益田勝吉
2007年10月13日   第53回イオン反応研究会(東京大学) 「生体分子フラグメンテーションの新展開」
2007年12月22日   第54回イオン反応研究会(大阪 島津大阪支社)  「生体分子解析のための分析技術」
2008年9月20日   第55回イオン反応研究会(大阪府立大学) 「分子メスとしてのイオン反応を考える」
2009年10月24日   第56回イオン反応研究会(大阪府立大学) 「質量分析に関わる新技術とその基礎」
部会幹事:
  早川滋雄(部会長)
  菅井俊樹
  高山光男
  竹内孝江
  中村健道
  西村俊秀
  堀山志朱代
  益田勝吉
2010年11月13日   第57回イオン反応研究会(大阪府立大学) 「新規なイオン化のメカニズムに迫る」
2011年12月3日   第58回イオン反応研究会(大阪府立大学) 「分子科学から生命科学・医学まで」
部会幹事:
  早川滋雄(部会長)
  菅井俊樹
  高山光男
  竹内孝江
  中村健道
  西村俊秀
  藤原亮正
  堀山志朱代
  益田勝吉
2012年5月19日   第59回イオン反応研究会(東京 立教大学) 「イオン移動度、移動管」を用いた基礎研究の最前線」
2013年2月9日   第60回イオン反応研究会(京都 らんざん) 「質量分析学 基礎の理解から応用への発展」
2013年11月23日   第61回イオン反応研究会(京都)
「MALDI-MSによる生体分子研究の最先端~糖ペプチド、核酸、アミノ酸~」

部会幹事:
  竹内孝江(部会長)
  菅井俊樹
  関本奏子
  早川滋雄
  山垣 亮
2013年11月28日   第62回反応研究会(千葉習志野)
「イオンを活用した新規測定法の開発と新規機能場および新規機能性物質開発との融合」
2014年11月29日   第63回イオン反応研究会(大阪)
「生物を代謝物で見る:MSのインターフェイスとアノテーション」
2014年12月5日   第64回イオン反応研究会(横浜)