| このサイトについて | お問合せ | サイトマップ | English |

Home

第68回イオン反応研究会/第157回質量分析関西談話会/第6回イオン移動度研究会 合同研究会

イオン移動度の最前線・荒川隆一教授退職記念最終講義
開催のご案内・ポスター発表募集・展示募集

会期:
2017年 4月 23日(日)
会場:
国立大学法人 奈良女子大学 (奈良市北魚屋西町)
講演会場:総合研究棟(文学部N棟)N201
ポスター会場・企業展示:総合研究棟(文学部N棟)N101
懇親会会場:総合研究棟(文学部S棟)1階S棟ラウンジ
主題:
イオン移動度研究会/日本質量分析学会 イオン反応研究部会・関西談話会
趣旨:
イオン移動度に関わる最先端研究をイオン移動度研究会、イオン反応研究会、関西談話会の3団体で合同研究講演会を企画いたしました。また、長年MS学会やMS研究でご活躍頂きました関西大学の荒川隆一教授が退職されます。この機会に荒川先生の最終講義も企画いたしました。
是非、ご参加いただけますと幸いです。
プログラム:
9:45
開会挨拶
9:50-10:15
久慈 誠(奈良女子大学理学部)
「リモートセンシングによる大気微粒子の観測」(特別講演)
10:15-10:55
渡辺 健宏(サントリー生命科学財団 生物有機科学研究所)
「フラボノール配糖体負イオンのイオンモビリティーMS分離」(招待講演)
11:00-12:00
荒川 隆一(関西大学 名誉教授)
「関西大学定年退職記念 最終講義 
イオン化をちょっと工夫してMSイメージング」(特別講演)
<昼食>
 
13:30-14:10
松谷 貴臣(近畿大学・理工学部 電気電子工学科)
「イオンモビリティスペクトロメータ用カスケード増強型
同軸円筒イオン化チャンバの開発 ~軟X線源の利用~」(招待講演)
14:10-14:50
高梨 啓和 および上田 岳彦
(鹿児島大学学術研究院 理工学域工学系 化学生命・化学工学専攻)
「ネオニコチノイド系農薬の環境変化体の探索とその生態影響の調査 
イオン移動度質量分析法によるアプローチ」(招待講演)
14:55-
企業製品紹介 各社10分
16:00-17:30
ポスター発表・企業展示
17:30-19:30
懇親会
一般講演について:
ポスターセッションを通して研究者の交流や研究の発展を計る場とします。
研究成果だけでなく、現在進行中の状況、分析技術や装置開発のノウハウなども歓迎いたします。
企業展示・企業製品紹介について:
 
竹内孝江(takeuchi_t@cc.nara-wu.ac.jp) までお問合せ下さい。
メール(件名:「IMS-MS-ION研究会企業展示」)
参加登録・ポスター発表申込について:

研究会参加費:無料
懇親会会費:一般4,000円程度,学生1,000円程度
参加登録:
会場準備の関係上、4月10日までに参加登録をお願いいたします。
参加希望の方は、(1)氏名、(2)所属、(3)メールアドレス、(4)ポスター発表の有無、(5)懇親会参加の有無、を記入して竹内孝江(takeuchi_t@cc.nara-wu.ac.jp) まで メール(件名:「IMS ION MS研究会申し込み」)でお送り下さい。
ポスター発表を希望される方は、さらに
(6) 発表者名(連名の場合は発表をされる方に〇印)
(7) (6)のそれぞれの方のご所属
(8) 研究題目
を明記して下さい。
問合せ先:
イオン反応研究部会幹事(本研究会担当)およびイオン移動度研究会理事
奈良女子大学理学部化学生命環境学科 竹内 孝江
〒630-8506 奈良県奈良市北魚屋西町
e-mail: takeuchi_t@cc.nara-wu.ac.jp
Phone&FAX: 0742-20-3966