| このサイトについて | お問合せ | サイトマップ | English |

Home

  • ホーム
  • 出版物
  • 「マススペクトロメトリー関係用語集第4版(WWW版)」

日本質量分析学会用語委員会編
「マススペクトロメトリー関係用語集第4版(WWW版)」

マススペクトロメトリー関係用語集 (WWW版) 使用上の注意<重要>

  1. この用語集には,マススペクトロメトリーに関する英語の用語と,それぞれに対応する日本語の用語をアルファベット順に収録しています.
  2. 用語の検索のために,日本語索引(アイウエオ順)と,略語・記号索引(アルファベット順)をそれぞれ102ページと124ページに掲載しましたのでご利用ください.
  3. 本用語集は,主に日本質量分析学会用語委員会編「マススペクトロメトリー関係用語集(第3版)」(2009 年6月10日発行),マススペクトロメトリー関係用語集追補版 [J. Mass Spectrom. Soc. Jpn., 65, 76 (2017)] およびDefinitions of terms relating to mass spectrometry (IUPAC Recommendations 2013) [Pure Appl. Chem., 85, 1515 (2013)] に掲載された用語を収録し,必要な用語に関しては一部修正,更新を行いました.
  4. 各用語にはできる限り明瞭,正確な定義文を付し,また関連する用語を示しました.特に注意が必要な事項は(注)として,また表記例などは(例)として示しました.
  5. いくつかの用語はしばしば略語・記号として使用されることがあります.略語・記号は専門分野が異なる場合,異なる意味を持つことがあり,使用することによって誤解を生じさせるおそれもあります.略語・記号を使用する際は,初出時にその略語の定義を明記することが必要です.Da, u, eV, Pa等の単位記号,および記号として定義されているm/zは説明無しに使用することが可能です.標準的な略語・記号については124ページからの略語・記号索引(アルファベット順)を参照願います.
  6. 娘イオン(daughter ion) のようにgender-specific termであることや,原子質量単位(atomic mass unit: amu)のように本来の定義とは異なる意味で使用されている誤用などの理由により,使用することが推奨されない用語もあります.これらは本文中に明記するとともに97ページより非推奨用語の一覧としてまとめました.
  7. 商標由来の用語に関しても本文中に明記しました.商標の使用には制限がありますので,適切な同義語がある場合は同義語の使用を推奨します.